髪を守るために知っておきたいミノキシジルの副作用


効果の期待できるものには副作用がある?

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
11月 7, 2014 at 10:48 AM

効果の期待できるものには副作用がある?

発毛に対してとても効果があると謳われている成分のミノキシジルですが、使用した時に起こるかもしれない副作用では、様々な症状が報告されているようです。

使用する際には個人個人での注意がとても重要になってきますが、どのような症状があると言われているのでしょうか。

効果と同じように、副作用にも個人差があるので全員に起こるという訳では無いのですが、報告されている症状には、頭皮に塗るタイプで痒みやかぶれ、また動悸が起きた例もあるそうです。

また、ミノキシジルの内服薬の場合では、むくみやニキビ、血圧が下がり過ぎたり、頭以外の場所に毛が増えてしまう多毛症になったりする事もあるそうです。

発症する確率としては、そこまで多くはないそうですが発症してしまった場合の症状がとても大変なようでした。

やはり、効果の高い薬品などには副作用も必ず付いてくるものなのでしょうか。

ミノキシジルを初めて試す場合は、自分に合っているのか副作用が出るのかどうかも確かめながら、少しずつ使用をしていく事がポイントのようです。

外用薬と内服薬のどちらを選ぶのか

現在、ミノキシジル配合の発毛剤には外用薬と内服薬の2種類があります。

初めて使用する際、どちらを選べば良いのか迷ってしまうと思いますので、症状等によってどちらを選ぶと良いのかを調べてみました。

まず、毛髪が薄くなってきていて初期の段階や、初めてミノキシジル配合の薬を使用するという方の場合には、外用薬の低い濃度のものからがお勧めのようです。

また、かなり抜け毛が進行している方には内服薬の方がとても効果が実感できるらしいのですが、通常の医療機関では購入できない為、個人で輸入代行を利用して手に入れるか、発毛専門の医療機関で購入するという形になってくるそうです。

内服薬にもミノキシジルの含有量の違いがあるそうですが効果が高い分、副作用を避ける為にも低い含有量の物から使用する事がお勧めです。

また発毛専門の医療機関では、含有量の低いものしか取り扱っていないそうです。

ミノキシジルの副作用を学ぶ

これは、やはり副作用の事を考えてという事らしいのですが、効果のある分多少のリスクを伴う発毛剤なので、どちらを使う場合でもそれぞれが気を付けて使用することが重要ですね。